めんそーれ かわぐちCity

cupola.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:国内散策( 50 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 那須の思い出 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 03日

e0049811_22264192.jpg

はるばる那須までやってきて感慨に耽る


e0049811_22265572.jpg

広いドッグランを独り占め


e0049811_2227726.jpg

マイナスイオンに癒される


e0049811_22272012.jpg

インドの神様と記念撮影


e0049811_22273281.jpg

に、兄さん!


e0049811_22274888.jpg

ジャンプだってお手のもの


e0049811_1649100.jpg

最後はぐったり
[PR]

by cupola-city | 2008-05-03 22:29 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 葉山・鎌倉の春 semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 20日

久し振りに葉山~鎌倉をドライブ。

e0049811_19494053.jpg

葉山にある旭屋牛肉店。
見た目は全く普通の肉屋(店内に入っても全く普通の肉屋)ですが、
コロッケとパンを買って、挟んで食べると美味いということで有名。
葉山にあるってだけでありがたがって!と思っていたら、ホントに美味かった。

e0049811_1950030.jpg

葉山のプリンの名店マーロウ。
お好きなプリン+コーヒーで1,000円という通常のプリンからは考えられないお値段。
それだけにスーパーで売っているようなプリンとは全く異なる濃厚なプリンが登場。
美味しいんだけど、ちょっと量が多いんだよな...胸焼けしそう...
この半分の大きさで値段も半分ならもっと嬉しいんだけど。

e0049811_19502095.jpg

鎌倉の鶴岡八幡宮に行ったら流鏑馬をやっていた。
初めて見ましたが、走る馬に乗って、矢を準備して、弓を引いて、的を射るって超人芸ですよ!
(写真から馬の走る速さを感じてください)
[PR]

by cupola-city | 2008-04-20 19:58 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 六道珍皇寺 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 28日

小野篁(おののたかむら 802~852年) 
嵯峨天皇につかえた平安初期の政治家であり、文人・歌人としても知られている。
また、昼は宮廷に仕え、夜になると閻魔大王の元に仕えていたという伝説の持ち主。
身長は188cmあったとか。

この小野篁が冥土通いに使っていたといわれる井戸があるのが六道珍皇寺で、
京都に出張に行ったついでに寄ってきました。

境内には閻魔大王と小野篁の像が並べて置かれていました。
閻魔大王像は小野篁の作だとか。
(写真撮影禁止だったので、像の写真は無し)
e0049811_115426.jpg


伝説の冥府通いの井戸は本堂の北東の位置にありました。
e0049811_1153992.jpg


六道珍皇寺の山門前には「六道の辻」の石碑が建っています。
e0049811_11650100.jpg

「六道」とは仏教における六道輪廻のことで、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の世界のこと。
つまり、この地はあの世とこの世をへだてる境界線というわけです。

昔、京都の東の山の方は鳥辺野とよばれる葬送の地だったそうで、
京都の人は亡くなった方をここに運んで、僧侶に引導を渡してもらい、この先にある鳥辺野で葬ったとか。
だから、ここがあの世とこの世の境界線ってわけなんですね。

なるほど~。このblogは勉強になりますねぇ。

ちなみに、本記事の薀蓄は、さも昔から知ってるような書きっぷりですが、前回の京都出張で百人一首に興味を持ってから得た知識だったりします。
[PR]

by cupola-city | 2008-02-28 12:24 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 時雨殿 その3 ~2階~ semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 11日

時雨殿の2階に上がると、120畳の大広間が広がっています。
e0049811_12424521.jpg


また、いろいろな時代のかるたも展示されています。
e0049811_12444312.jpg


このかるたは(確か)江戸時代のもの。きれいに保存されていますね。
e0049811_1246119.jpg


そしてこちらが明治時代のもの。顔立ちが勇ましく描かれている。
かるたの図柄にも時代背景が反映されていて面白い。
e0049811_124905.jpg


-----

1階は「任天堂の現在」を、2階は「任天堂の原点」を見ることができ、
非常に興味深い施設でした。
[PR]

by cupola-city | 2008-02-11 12:52 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 時雨殿 その2 ~かるた五番勝負~ semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 10日

ニンテンドーフロアビジョンの部屋を出ると(ここで時雨殿なびは返却します)、
体感かるた五番勝負の個室が並んでいて、
e0049811_22174449.jpg

歴史上の歌人達とかるた取りで対戦できます。
1回戦は清少納言と対戦です。
e0049811_2219229.jpg

2回戦の蝉丸までは下の句を読み始めてからでも間に合いますが、
3人目(大弐三位だったかな?)は上の句を読んでいるうちに札を取られてあえなく撃沈。

-----

かるた勝負の反対側の壁沿いには謎解きの井筒が並んでいます。
e0049811_22323025.jpg


井筒の中を覗き込むと一人の歌人が歌を奪われたとかで困っています。
e0049811_22343834.jpg

ここはひとつ、困っている歌人を助けてあげようじゃありませんか!
どうやら百人一首に関するクイズに5問正解すればいいみたいです。



で、見事に5問正解して、歌を思い出してくれました。
e0049811_22381723.jpg


天の原ふりさけみれば春日なる
      三笠の山にいでし月かも


歌人の名前は阿倍仲麻呂だったようですね。

-----

次回の時雨殿レポは2階の様子をお届けいたします。
ではまた。
[PR]

by cupola-city | 2008-02-10 22:41 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 時雨殿 その1 ~ニンテンドーフロアビジョン~ semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 09日

京都嵐山にある時雨殿に行ってきました。

時雨殿とは、京都嵐山の渡月橋の近くにある小倉百人一首をテーマとした展示、振興のためのテーマパーク。
技術面では任天堂が支援、建築費用21億円は財団理事長で任天堂相談役の山内溥個人が
私財を投じたらしいですよ(すごっ!)

-----

靴を脱いで入館し、奥へ進むと「時雨殿なび」というボタンが無いニンテンドーDSを手渡され、
これでニンテンドーフロアビジョンを楽しむことができます。


まず、部屋の中に入ると床スクリーンに京都市外の航空写真が映し出されていて、
まるで京都を空中散歩しているような気分を味わえます。

床スクリーン上で時雨殿なびを使用して、自分の行きたい施設を選択すると、

床スクリーンに鳥が現れて、そこまで案内してくれて、
e0049811_2331692.jpg


足元を拡大することができます。
e0049811_23342025.jpg


手元の時雨なびには、足元の施設の簡単な説明が表示されます。
陰陽師として有名な安倍晴明はここでは天文学者と紹介されてますね。
e0049811_23383397.jpg


-----

そんなこんなで空中散歩を楽しんでいると、京都に夜が訪れ、平安京の区画が投影されます。
今の京都に比べるとかなり小さいですね。
e0049811_23421284.jpg


-----

京都の夜景の後は床スクリーンで札とり遊びが始まります。
時雨なびに出てくる札と同じ札を床スクリーンから探す遊びでこれが結構楽しい。
e0049811_23444145.jpg


ほらっ。大の大人達が夢中になって札を探してます。
e0049811_2346583.jpg

ちなみに、このスクリーンはシャープ亀山製だそうです。

-----

そして、壁に目を転じてみると、そこには小倉百人一首の歌が書かれたパネルが並んでいて、
e0049811_23494389.jpg


時雨殿なびを片手にパネルの前に立つと、がめんに札が表示され、
歌の朗詠や解説を聞くことができます。
e0049811_024568.jpg

これは怨霊伝説で有名な崇徳院の歌で、現代語で言うと

流れの速い川の水が、岩にはばまれ分かれてしまっても、やがては同じ流れに戻るように、
今は離ればなれになる二人だけれど、いつか、また、会える時が来るよ


という意味だそうです。
なかなか素敵な歌ですね。

-----

今まで大して興味がなかった百人一首ですが、こんな感じで見せてくれると、
非常に親しみが持てますね。

時雨殿のレポはまだまだ続きますが今日はここまで。
ではまた。
[PR]

by cupola-city | 2008-02-09 00:08 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 道頓堀にて semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 11日

グリコ
e0049811_21155024.jpg


食い倒れ人形
e0049811_21155072.jpg


きのしたの鉄板鍋
e0049811_21155066.jpg

[PR]

by cupola-city | 2007-10-11 21:15 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 大阪散策 semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 10日

また大阪に来たので、中之島~北新地~大坂城を散策。
見知らぬ土地は歩いて廻って、土地勘を養うことが重要です!
(さすがに北新地~大坂城間は電車に乗ったけど。ちなみにJR西日本でもSUICAは使えます)

          中之島公会堂
e0049811_18255291.jpg


          お初天神(曽根崎)
e0049811_18255215.jpg


          大坂城
e0049811_18255211.jpg

[PR]

by cupola-city | 2007-10-10 18:25 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 N700系 semスキン用のアイコン02

  

2007年 08月 30日

勝点3をお土産にN700系で帰京。
なかなか精悍な顔付きですねぇ。
e0049811_2223269.jpg

e0049811_22234353.jpg


座席の足元にはコンセントが!
移動中パソコンで資料作成をする人は窓側の席を予約しましょう。
2009年春には無線LANサービスを開始する予定だとか。
ますます楽しみが増えますね。
e0049811_22235765.jpg


車内は全席禁煙です。
その代わり、喫煙室が6ヶ所設置されています。
席で座ってタバコを吸うより、こっちの方がいいじゃないですか?
車内が臭くならないし、たまには歩きたいし。
e0049811_22241013.jpg


ということで、新幹線N700系はかなり快適。
時間があえば、これからもN700系に乗ろうっと♪
[PR]

by cupola-city | 2007-08-30 22:37 | 国内散策

semスキン用のアイコン01 大阪 semスキン用のアイコン02

  

2007年 08月 22日

最近、大阪に来る機会が多い。
いや~、暑いね、大阪は。

ということで、新幹線から見た東寺です。
e0049811_1434180.jpg

今度はN700系で来よっと。
[PR]

by cupola-city | 2007-08-22 14:34 | 国内散策