めんそーれ かわぐちCity

cupola.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:Culture( 25 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 NO TURNS semスキン用のアイコン02

  

2009年 04月 12日

e0049811_22465680.jpg

(・∀・)イイ!
[PR]

by cupola-city | 2009-04-12 22:47 | Culture

semスキン用のアイコン01 桃太郎電鉄20周年 semスキン用のアイコン02

  

2009年 03月 06日

巷で話題となっている「桃太郎電鉄20周年の20人目の歴史キャラは誰だ?」の答えは
水戸拷問(水戸)でした。

e0049811_1302611.jpg


19人目までの歴史キャラが実在の人物なだけに釈然としませんねぇ...
[PR]

by cupola-city | 2009-03-06 01:31 | Culture

semスキン用のアイコン01 QED semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 06日

e0049811_22355824.jpg

QEDとは高田崇史のミステリ小説のシリーズタイトル。
現代の殺人事件と歴史上の謎が同時に解決するという凄い話。

歴史好き、特に怨霊だ、言霊だって方面好きの私としては結構面白い。
歴史好きの方限定でお薦めです。

ちなみに、Q.E.D.はラテン語Quod Erat Demonstrandum(訳:かく示された)の略。
証明終わりの意とのこと。
別の形での表記に『//』と書くこともあるらしい。
そういえば、中学校の数学のとき、回答の後ろに『//』を書いてましたよ
(意味もわからず、先生の真似して)。
[PR]

by cupola-city | 2008-03-06 22:37 | Culture

semスキン用のアイコン01 姑獲鳥の夏 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 06日

「魍魎の匣」に続き、シリーズ第1弾の「姑獲鳥の夏」を読破。
e0049811_0301719.jpg

この世には不思議なことなど何もないのだよ

そうかな?何かだまされているような...
[PR]

by cupola-city | 2008-02-06 00:24 | Culture

semスキン用のアイコン01 魍魎の匣 semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 23日

昨年末の話になるが、「魍魎の匣」という映画を見た。
e0049811_23385281.jpg

ストーリー展開がすごく早い。
ついていくのがやっと。
大筋は理解できた気はするが、全ての謎は解けたっけ?

ということで、原作を読んでみました。
e0049811_0114297.jpg

京極夏彦の作品を読むのは実はこれが初めて。
なんと1000P以上もある大作!

以下、読後の感想

映画で???だったところの憑物が落ちました。

プロの作家が書いた作品って感じ。
作中に散りばめられた伏線が最後にはしっかり割りきれてますね。

1章が長い。
通勤中の電車で読むにはキリが悪い。

京極堂の薀蓄も長い。
でも、テンポがよくて魅了されます。
薀蓄、元々嫌いじゃないし。
映画でもリズミカルに表現していて見せ場の一つになっています。

現実的なストーリーではないですが、このシリーズは元々そういう作品ではないみたいなので。
江戸川乱歩風の猟奇的で幻想的な作風って感じ(かな?)
映画もその雰囲気は壊さないように作ってます。
ただ、グロテスクな映像が多少多いので、そういうのが苦手な方は見ない方がいいかもしれません。
(グロテスクなシーンは本当に必要だったのかは疑問)

読了後、謎が解けたにも関わらず、この不安定な気分は何なんでしょう。
スッキリもせず、ズッシリとも違う、これが魍魎なんでしょうか。

というわけで、シリーズ第1作の「姑獲鳥の夏」も買っちゃいました。
取り憑かれてますね。
[PR]

by cupola-city | 2008-01-23 00:09 | Culture

semスキン用のアイコン01 ICE semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 21日


ICEのギタリスト 宮内和之氏が亡くなったことを知りました。
かなりショック。
もうICEの新曲は聴けないのか...


去年、今年といろいろな方が亡くなってるなぁ。
角松バンドのベーシスト 青木智仁氏、
ギタリストの浅野祥之氏。

お悔やみ申し上げます。
[PR]

by cupola-city | 2007-12-21 23:59 | Culture

semスキン用のアイコン01 TOSHIKI KADOMATSU Ballad Collection semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 12日


「T's Ballad」「Tears Ballad」に続く3枚目のバラードアルバム。
今作は角松ではなく、他のミュージシャンにサウンドプロデュースを依頼し、
角松自身は歌に徹するというコンセプト。

2曲目の「海-THE SEA-」が個人的にはお気に入り。
コンサート風のアレンジ。
かなりカッコいい。

----------
でも、最近の角松。
過去の遺産で食ってるアーティストになってしまっているようでかなり寂しい。

----------
(追記)
↑と思っていたのですが、
解凍後のアルバムを改めて聞きなおしてみたら、どうしてどうして、結構いい曲作ってるじゃないですか!
(微妙な曲も多いのですが)

ごめん、角松。
やっぱりあなたは素晴らしい(だけど、一般受けはしない感じ)
[PR]

by cupola-city | 2007-12-12 22:13 | Culture

semスキン用のアイコン01 犬神家の一族 semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 13日

「犬神家の一族」を見てきました。

いや~、キャスティングが酷すぎですよ。ここまで来るとギャグですね。

まず、石坂浩二。
彼は65歳、もうジジィですよ。
金田一耕助を演じるのは無理があります。正直、見るに耐えません。

あと、松嶋奈々子。
彼女が演じる野々宮珠世は20歳前半くらいの絶世の美女という設定です。
松嶋奈々子は美人で、私の好みではありますが、
他の女優さんも美人ぞろいなので(旅館の女中まで美人)、美女ぐあいが目立ちません。
それと、彼女は30代で子供もいますので、貫禄がにじみ出ちゃってるんですよねぇ。
20代前半の初々しい役はもう無理があると思います。
あと、背が高すぎですね。
奥菜恵が見上げてしゃべってますし、持ち上げるのも重そうです。

その他のキャストも年齢高めで、何だか、プロ野球のマスターリーグみたいな映画です。
[PR]

by cupola-city | 2007-01-13 23:47 | Culture

semスキン用のアイコン01 ツキを呼ぶ「トイレ掃除」 semスキン用のアイコン02

  

2006年 12月 01日

浦和レッズのために出来ることは何でもやっておこう!
本屋でこんな本を見つけたので、家に帰って早速トイレを掃除しました。
e0049811_2121966.jpg

>このblogをたまたま見付けたレッズサポのみなさまへ
今すぐトイレ掃除をしてください!
[PR]

by cupola-city | 2006-12-01 21:23 | Culture

semスキン用のアイコン01 病院坂の首縊りの家(上)(下) semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 19日

 

前にも書きましたが、最近実家から発見された横溝正史の小説を読み直している。

この「病院坂の首縊りの家」
上下刊2冊というボリュームと、冒頭の法眼家と五十嵐家の系統の複雑さに
読むのをためらってましたが...

読み始めると止まらない!
この小説の持つせつなさ、いとしさ、やるせなさに不覚にも感動してしまいました!


ネタバレになるのであまり書けませんが、
冒頭の法眼家と五十嵐家の系統については必死に覚えようとせずに
さらっと読み流しましょう。
そのうち、系図も出てきますので。
[PR]

by cupola-city | 2006-10-19 01:20 | Culture